One coin people

一円硬貨のフロッタージュによるドットで群像を描いたシリーズ。小さな一円硬貨一枚一枚を人間一人一人の存在に見立てると共に、人間の存在が1の羅列に集約されていく感覚を表している。


One coin girl

一円硬貨や1ペニーなどのフロッタージュによるドットで、主に女性像を描いたシリーズ。モナリザ、ヴィーナスの誕生など、著名な美術作品をモチーフにしたものでは、お金と芸術、金銭価値に換算できないほどの名画と少額の小銭とのギャップ、サイズの大小によって変わる絵画の価格、モザイクになった男女と○○○円の女というタイトルから生まれる俗っぽさや猥雑さ、消費される性、などを考えながら制作した。

そして西洋絵画のヌードと、ポルノのヌードをモチーフにしたものを混在させた作品では、高尚とされる芸術作品と、卑俗なものとして扱われるポルノが、モザイク状になった画面の上でそれぞれが内包する美しさとエロスが混ざり合い、作品の上で芸術とポルノはフラットなものとなる。


Face of money

一円硬貨や1ペニーなどのフロッタージュによるドットで、様々な肖像を描いたシリーズ。自画像を描いた作品では、社会に翻弄される人の姿を、自虐的に表現している。その他、紙幣に描かれている肖像や、政治家、Instagramに投稿された写真を元にしたものなどがある。どんな著名人も、一般人も、全て等しくワンコインで描かれる。


Exchange

一円硬貨や1ペニーなどのフロッタージュによるドットで、紙幣や暗号通貨を描いたシリーズ。各国の紙幣を描いたものでは、タイトルは為替をイメージしており、作品の大きさが変わるごとにそのタイトルのレートが変化する。ビットコインを描いたものでは、紙とパネルの間には硬貨が入った状態であり、現実を仮想が覆い隠しているかのようだ。しかしそもそも紙幣や硬貨は元々物質と価値とが比例しておらず、通貨自体が人間の想像力を元にした仮想の存在であるともいえるだろう。


Gold on the dollars

ドル紙幣に金箔を使用し描いた今シリーズでは、金をはじめとする金属の代替品として現れた紙幣の上に「金」箔を用いるという、入れ子のような構造になっている。それにより、ビットコインなどの物質的には存在しないが価値を持つものや、様々なイメージを描いている。


One(Wall of aluminium)

数万枚の一円硬貨が並ぶことで、硬貨は貨幣としてのルールから離れ、アルミニウムの物質的な存在感を露わになる。そこから見えてくるのは一円硬貨のものとしての魅力か、あるいはルールから離れることで逆に意識される貨幣のルールそのものか。それを見つめる人の姿を、硬貨が反射し映し出す。


Dots of life

敷き詰めた一円硬貨を紙越しに透かせて見せるシリーズ。敷き詰めた硬貨は紙に透け、表面に淡いドットとして表れる。濃淡の違いは金属の経年変化と、硬貨が様々な人の手を経てきたことによる汚れの差異だ。通貨は無機質で非情な存在であるように思えるが、硬貨に残るその跡は、人間同士の繋がりと営みの時間が凝縮されている。それは数字には置き換えられない、尊い生活の軌跡である。


Other money works


Fake blue

ブルーシートを素材としたシリーズ。

金箔を使った作品では、ブルーシートの青色を活かすとともに、富士山や琳派、日本などの対象が安易に消費される様をシニカルに表している。

 


シートを薄い紙で覆った作品では、景観において異物となるような暴力性を持つシートの人工的な色と素材感を、薄く覆うことで異なる印象の色が現れるのではないかと考えた。様々な対象を覆い隠す役割をもつブルーシートを、逆に覆い隠すことで現れる青色は、果たしてどのように見えるだろうか。


Rice  series

米粒をモチーフとし、主にパール顔料による線描や、エンボスによって表現したシリーズ。米は美しいモチーフであるとともに、日々の暮らし、文化、食べられるものとしての儚さ、様々な見立てなど多くの余地を含む対象である。


Block  series

歩行用の点字ブロック( 正しくは視覚障害者誘導用ブロック) をモチーフとして描いている。点字ブロックは、日ごろその存在を目にはしていながらも、私にとっては実際に使用することはないある種の無意識の中にある対象だった。存在しているのに意識していない、そして触覚と視覚という二つの異なる感覚を機能として持っている。そして進む方向を示す道でもある。これらの点から、一方向の意味や意図を超える、飛躍の可能性のあるモチーフであると感じた。

 ブロックを繋げ、画面上で交差させることで、視覚では見ることのできない様々な道(物理的なものではなく、流れであったり、人の人生であったり)が交錯し、絡まっている様子を、点字ブロックという目の不自由な方のための道を用いて描くことによって表そうとした。


Other works