山本雄教 YAMAMOTO Yukyo          

 

1988 京都府出身

2010 成安造形大学 日本画クラス卒業

2011 成安造形大学 研究生修了

2013 京都造形芸術大学大学院修士課程修了

 

1988 Born in Kyoto, Japan

2010 B.F.A. Japanese Painting, Seian University of Arts and Design,Japan

2011 Research student program, Seian University of Arts and Design

2013 M.F.A.Painting,Kyoto University of Arts and Design,Japan

 


STATEMENT

茶碗に入った一粒の米、財布に入った一円玉、そんなすぐそこにあるものこそが、実際はあらゆるものにつながっている。

 

「一枚の葉っぱが手に入ったら、宇宙全体が手に入るでしょう。」これは日本画家の小倉遊亀が師の安田靫彦から受けた言葉である。これは描く対象に無心で接することを説いた言葉であるが、私はその本来の意味とともに、葉っぱという小さな対象が宇宙という遙かにスケールの大きなものにつながっていくところに、視界が一気に開けるような感覚を覚えた。一枚の葉っぱが足下に落ちていたとしても、見ようとしなければそれはただの葉っぱでしかなく、あるいは葉っぱですらない。しかしひとたびそこに目を向ければ、そこには宇宙を見るかのような世界が広がっている。安田靫彦の言葉から、私はそのような思いを持った。

 

私はそんな広がりを、日常生活の中で見落としてしまいがちな些細なものから見つけていきたい。例えば一粒の米から、一円玉から、自分の暮らす社会や世界全てにつながるような感覚を得られたら、それはまさに目の覚めるような出来事である。ミクロの世界が、様々な問題、疑問、不安、面白さ、希望を含んだマクロなものに変わっていく、そんな体験をすることができる作品を私は生み出したい。一粒の米が手に入ったとき、宇宙全体は手に入るだろうか。

 

 

 

Things close to us in everyday life, whether they be a single grain of rice, to a one yen coin in your wallet, to blue sheeting covering construction sites, are all intertwined with numerous aspects of our life,

 

"If you own a single leaf, you can own the entire universe " were the words of Japanese artist Yuki Ogura, bestowed upon her protege Yukihiko Yasuda. Through her words Ogura expressed the importance of always remaining innocent and sincere towards subjects, but at the same time her words made the ground break before me at the thought of something so small like a leaf being linked with something so immense as the universe. A single leaf on the ground will only be a leaf, or may not even register on our senses. However,as Yasuda's words teach us, when once closely observed, that little leaf can show us a whole universe of it's own.

 

What I aim to do is capture those expansive connections we fail to notice in our everyday life. A single coin, or even a fleck of rice could give us remarkable experiences if they could show us how they each connect with not only society but the whole world we live in.What I wish to express is the experience of micro becoming macro, on the way entwining with numerous problems, conjectures, uncertainties, wonders and hopes. Can a grain of rice really show us the universe?

 


CV

個展

2010 「連続していく対象」(ギャラリーはねうさぎ/京都)

   「米騒動」(成安造形大学コンテンポラリーギャラリー/滋賀)

2011 「どこへ行く」(ギャラリーはねうさぎ/京都)

   「し・てん」(gallery PARC/京都)

2013 「What is there コメをみる※コメにみる」(gallery PARC/京都)

   「rice view」(ギャルリーオー/滋賀)

2014 「RICE LIFE」(ギャラリー和田/東京)

   「How is this is connected to that?」(つくるビル/京都)

   「one」(ギャラリー恵風/京都)

2015 「EXCHANGE」(gallery maronie/京都)

2016 「Fake blues」(+1art/大阪)

   「山本雄教作品展」(松坂屋静岡店美術画廊)

2017 「ストリートブルーマウンテン」(STREET GALLERY/兵庫)

   「STREET GALLERY=¥18560」(STREET GALLERY/兵庫)

   「見立てと反復」(ギャラリー和田/東京)

   「××××円の人」(ギャラリー恵風/京都)

   「山本雄教展」(渋谷東急本店8階美術画廊/東京)

   「THE PEOPLE」(大雅堂/京都)

 

受賞など

2012 「ART AWARD NEXT2012 Vol.2」審査員賞 (東美アートフォーラム/東京)同'15入選

   「公募 日本の絵画2012」入選 (永井画廊/東京)

2013 「京都府美術工芸新鋭展 2012京都美術・工芸ビエンナーレ」公募部門大賞 (京都文化博物館)

   「美術新人賞デビュー2013」準グランプリ(ギャラリー和田・フジヰ画廊/東京)

2014 「TERRADA ART AWARD」優秀賞(T-Art Gallery/東京)

2016 「堂島リバーアワード」(堂島リバーフォーラム/大阪)

2017 「第7回トリエンナーレ豊橋 星野眞吾賞展」審査員推奨(豊橋市美術博物館/愛知)

   「ファインアート・ユニバーシアード U-35」優秀賞(つくば美術館/茨城)

 

 

 

主なグループ展、アートフェアなど

 

2007 「今-toki-展」(gallery maronie/京都)以降'16まで毎年

2009 「HOPEWORK」(ギャラリーCASO/大阪)

2010 「I♡あめりか」(ギャラリーはねうさぎ/京都)

2011 「ZOU-日本画or Not-」(ギャラリーCASO/大阪)

   「十一の海-キョウト ノ ニホンガ ト ヤキモノ2011-」(SPACE NIO/東京)

2012 「画心展selection vol.2」(佐藤美術館/東京、康耀堂美術館/長野)同'13

   「ASIA&RICE 2012」(ソリアートセンター/韓国チョンジュ)

2013 「京都造形芸術大学卒業・修了制作展」(Galerie Aube/京都)

   「Gen2013 -タビスルカイガ-」(名古屋市市政資料館/愛知、堀川御池ギャラリー/京都)

2014 「続 京都日本画新展」(美術館「えき」KYOTO/京都)同'15

2015 「琳派400年記念 新鋭選抜展 ~琳派の伝統から、RIMPAの創造へ~」(京都文化博物館)

   「Gen2015-絵になる最初-」(兵庫県立美術館ギャラリー棟3F)

2016 「湖派-Lake current-」(堀川御池ギャラリー/京都)同'17

   「幻想の質量」(2kw gallery/大阪)

   「琳派400年記念 新鋭選抜展-琳派 FOREVER-」(京都文化博物館)

   「第22回 尖展」招待作家(京都市美術館)

   「四畳半クロッシング 高村総二郎×山本雄教」

2017 「アートフェア東京2017」(東京国際フォーラム)

   「ART TAIPEI 2017」(Taipei World Trade Center)

2018 「京都府新鋭選抜展2018 – Kyoto Art for Tomorrow -」 (京都文化博物館)

   「京都アートラウンジ」(ホテルアンテルーム京都)

   「アートフェア東京2018」(東京国際フォーラム)

 

 

Solo Exhibition

 

2017 The People,Gallery Taigado,Kyoto

     Yukyo Yamamoto Exhibition, Matsuzakaya Shibuya Tokyu store Art gallery,Tokyo

     Person of ×××× yen,Gallery Keifu,Kyoto

     Framework and iteration,Gallery Wada,Tokyo

     STREET GALLERY=¥18560,STREET GALLERY,Hyogo

     STREET BLUE MOUNTAIN(STREET GALLERY,Hyogo

2016 Yukyo Yamamoto Exhibition, Matsuzakaya Shizuoka store Art gallery,Shizuoka

     Fake Blues,+1art,Osaka

2015 Excange,Gallery Maronie,Kyoto

2014 One,Gallery Keifu,Kyoto

     How is this connected to that?,Tsukuru building,Kyoto)

     Rice life,Gallery Wada,Tokyo

2013 Rice view,Gallery O,Siga

     What is there ―Watch rice ※ Look at rice―,Gallery PARC,Kyoto

2011 SI TEN,Gallery PARC,Kyoto

     It goes to where,Gallery Haneusagi,Kyoto

2010 Rice riot, Seian University of Art and Design contemporary gallery,Siga

     Continuous object,Gallery Haneusagi,Kyoto

 

Award

 

2017 Fine art · Universiade U-35,Outstanding performance award,Tsukuba Art Museum,Ibaraki

     The 7th Triennale Toyohashi Shingo Hoshino Award, Jury Prize,Toyohashi Art Museum,Aichi

2014 TERRADA ART AWARD, Superior prize,T-Art Gallery,Tokyo

2013 Art debut award debut2013, Second Class Grand Prix,Gallery Wada,Tokyo

     Kyoto Fine Arts and Crafts Exhibition, Public Competition Grand Prize, Kyoto Bunka Museum

2012 ART AWARD NEXT2012 Jury Prize,East Beauty Art Forum,Tokyo

     Kyoto fine arts and technical biennial 2012,Museum of Kyoto,Kyoto

 

Other group exhibitions etc.